第92回・惰性の何切る - 【MJ4】惰性の闘牌【SEGA】+余生の闘牌

【MJ4】惰性の闘牌【SEGA】+余生の闘牌 ホーム » スポンサー広告 » 日記 » 第92回・惰性の何切る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第92回・惰性の何切る

前回の何切る問題。
東一局北家8巡目ドラ4s
45p23r5789m123r566s
親が発を仕掛けている、という場面ですが…





結論から言ってしまうと、個人的にはr5m切りが良いかと思います。


まず赤を2枚とも残す6s切りについて。
・45p23r5789m123r56s
となり、これは速度で非常に劣るのでアウトかと思います。
満貫条件の序巡等ならともかく、平場中巡でリャンシャンテンに戻すのはかなり苦しい判断です。
クイタンでの仕掛けが可能ならまだしも、これを自力で仕上げるのは至難の技です。
どうしても赤を残したいならシャンテンを維持しつつ45pの重なり→4m引き入れに対応出来る2m切りの方が良いかと思います。

どちらも赤5切りを保留出来るので下家への一時的なフォローにはなりますが、
聴牌時はかなり高い確率でどちらかの赤5を切る必要性が発生し、「鳴かれる」よりも「振り込む」リスクが高くなります。
こちらがノミ手等ならオリとしては有りえる判断ですが、
メンピン~メンピンドラ、+ツモ&一発&裏での3900~8000程度が見込めるイーシャンテンであることを考えると、
この牌姿から降りることはあまり得策ではないと思います。




残る候補はr5mかr5sですが、r5sを切って頭を固定した場合
・45p23r5789m12366s
となり456m引きでr5mを使えるので、悪くない選択かと思います。
4sがドラでなく、5sが赤でなければこれが最善だと思います。


そして今回のテーマであるr5mを最初に切った場合
・45p23789m123r566s
となり、一時的にr5sは無効牌となりますが、45p23m引きでr5s含みの完全イーシャンテンとなり、47s引きもシャンテンこそ変わらないものの聴牌受入枚数は増加しますし、6s引きもOKです。聴牌形がr56sとなれば聴牌後のドラにも対応出来ます。


つまるところ、聴牌点1/4でしか対応出来ないr5mより、低くない確率でr5sを含む完全イーシャンテンや、4s受け聴牌形に変化する可能性のあるr5sの方が価値があるのではないか、ということですね。

もっとも、細かい期待値の計算等は行っていませんので、これが誤りである可能性もありますけどw

聴牌速度に関してはこちらの方が間違いなく上であり、少なくない場合にr5sが絡むため、限られた聴牌形(単純に考えれば1/4ですね)でのみ使えるr5mの優位性は打ち消される公算が高いと見ています。

個人的な感覚から点数を付けると
r5m切り:100点
r5s切り:90点
2m切り:45点
6s切り:20点
といったところでしょうか。


以上、当blog初の何切る出題でした。
数学的に本当に正しいかどうかは保証しませんw
質問等はコメントでいくらでもお受けしますよー。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009-08-16 19:14 │ from URL

丁寧な解説ありがとうございます。
1シャンからの変化を見る目さすがです。
私もこの手なら親の仕掛けは無視ですね、
東3,4でトップ目ならケアしますが
東パツなら攻めます。

CRさんとは是非マッチしてみたいですね、
その時は球戦なんでよろしくお願いします。
後、録画もよろしくwww

2009-08-16 20:28 │ from びたすべりURL

おひさしぶりです。
何切る問題なんてやってたんですねw
ってかまた再発行してたのですか・・・・。
動画は毎回見て参考にしてます。1つ気になることがあるのですが、たとえば自分が南家で所持字牌が南白中だとして南を最後まで残すような打ち方をしてますよね?これの理由が知りたいです。アンパイとして残すということでしょうか?
ちなみに僕も龍クラスになってしまったので東プロでのマッチ・球戦楽しみにしてます^^

2009-08-17 02:37 │ from マルキンURL

トラックバック

http://crtrfph.blog94.fc2.com/tb.php/95-d1139da8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。