西と中 - 【MJ4】惰性の闘牌【SEGA】+余生の闘牌

【MJ4】惰性の闘牌【SEGA】+余生の闘牌 ホーム » スポンサー広告 » 日記 » 西と中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西と中

先日の生放送にて、字牌に関する話題が出ました。

自分が西家での東一局の一巡目、特に何の制限も無い状況下で、
西と中、どちらを切るか、という内容でした。
(普通に手を進めれば何とか聴牌に辿り着けそうな、ごく標準的な配牌だと仮定)

個人的な経験からも、一般的にも中切りが正解であり、
10人いれば9人は中を切るのではないかと考えていました。

しかし、その雑談枠の中では、西を切る人が予想外に多く、
若干衝撃を受けました。

というのも、西を切るメリット・デメリットと中を切るメリット・デメリットは
数値化されないまでも論理によって簡単に導かれるので、
ある程度麻雀を打つ人なら誰でも中切りという結論に達しているはずだ、と考えていたからです。

結局自分はその放送の中で20分程西切りと中切りについて語りましたが、
西切り派の人の大多数は中切り派に移行されたように思います。


今回伝えたかったこと・自分自身が学んだことは、単純に西を切るか中を切るかという話ではなく、

・「自分が考えていることと他人が考えていることはやはり違うのだ」
という意識を持つことが重要なのであるということ

・自らの打牌を、他人に理解し納得してもらえるまでに理論付けて整理しておくことの重要さ
 (「教える」ということは自分が十分に理解していないと出来ず、
 逆に「教えられない」ということは自らが理論的に理解していないことの証であるということである)

といことです。

麻雀が上手くなるということは即ち麻雀を理解するということなのだと改めて実感した、そんな生放送でした。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

どんどん麻雀伝道師への道を歩んでいますな。
名選手名監督にあらずという言葉があるように、
自身に力がある人が必ずしもそれを相手に上手に
伝えられるとは限りません。

>・自らの打牌を、他人に理解し納得してもらえるまでに
>論付けて整理しておくことの重要さ
>(「教える」ということは自分が十分に理解していないと出来ず、
>逆に「教えられない」ということは自らが理論的に
>理解していないことの証であるということである)

「人に教えられるということは自分が理解している証拠」
よく言われることですが、それを意識して放送しているとしたら
さぞ有意義な生放送なのでしょう。うーむ一度見てみたいです。
しかし最近はニコニコに繋がらないんですよね・・・。
無料会員の居場所はもはやないのでしょうか。

2010-07-28 20:02 │ from モチムネURL

お疲れ様です。 私も教えてもらったときに自風牌はなるべく持っておきましょうとおしえてもらいました。

なかなか段位上がらないですけど気ままにやっていきますよ。 

2010-07-29 21:31 │ from お茶組 ゼルURL

お久しぶりです。
昔はしょっちゅう生放送にお邪魔してましたが、時間の都合で生放送はもはや見に行けないことが多くなりました・・・。

西と中どっちを切るかはあまり戦績に影響しないですけど、間違いなく差がありますからねー。
西を切る人が多かったというのは確かに驚きですね。

CRさんの秋刀魚動画見てて、攻めるなーという印象を受けました。役牌の1鳴き、増えましたよね?
自分では仕掛けない(2鳴きにする)ところから仕掛けてアガリをさらっていくので思わず唸ってしまいましたw

2010-07-31 22:20 │ from ぼすとんURL Edit

作業中でコメはしていませんでしたがこの放送聞いてました。
ドラでなければサンマでもヨンマでも自分は普段中から切ります。
最近動画が増えてきて何よりです。

2010-08-01 15:45 │ from 三天寺URL

こんばんは、先日はマッチありがとうございました

オーラスは自分もアレでテンパイだっただけに残念でした(´・ω・`)ショボーン

今度、球の増やし方を教えてください(切実

2010-08-02 01:02 │ from HiNAURL Edit

トラックバック

http://crtrfph.blog94.fc2.com/tb.php/126-052ee13b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。